ホーム>社員インタビュー

社員インタビュー

工藤 未咲(くどう みさき)

2016年 新卒入社

既存顧客へのコンサルティング営業

「お客様の立場に立って一緒に課題を解決する」

レンターズで働くことになったきっかけは?

入社を決めた一番の理由は社長も社員も心から人のためを思い、
またそのことに誇りを持って働いていると思ったからです。
レンターズでは商品をただ「売る」のではなく、お客様の「課題を解決する」ことに重点を置いており、その意識が浸透しています。
また、加藤さんとの最終面接は今後の会社をどうしていきたいのか、人の成長とは何かを熱く語ってくださったのは強烈な印象に残っています。
こんなきらきらした大人になりたい!と強く感じました。

主な仕事内容は?

私はレンターズのシステムをすでにご利用いただいている不動産会社様を訪問して、業務効率を上げ、さらに売上を上げるためのご提案をしています。
レンターズの提供するシステムは、導入するだけでも便利なものですが、活用次第で大きな効果を発揮できるものです。
そのため、商品をご利用いただいているお客様にどうしたらより集客できるのか、効率よく業務ができるのかのご提案はとても大切です。

仕事をしていてよかったと思えたエピソードは?

ある不動産会社様のメール営業の改善提案をして、「ありがとう」と言っていただけたことです。
最初に訪問した際はメール営業の改善になかなか興味を示していただけなかったのですが、
何度も足を運び、各担当者のメールをそれぞれどんな風に改善できるかを丁寧にお話していくうちに、熱意が伝わり、どうすれば改善できるかを考えていただけるようになりました。
自分の提案で、お客様と一緒に現状を変えていけるんだ、という実感を持つことができてとても感動しました。

レンターズで成し遂げたいことは?

「人の幸せ」により強く携わっていきたいです。
具体的にどう落とし込むかは考え中ですが、なにか新しい角度から「幸せ」を生み出せたら素敵だなと思っています。

採用や人材育成にも携わり、自分はもちろん、人の成長に貢献できる人間になりたいです。
入社時から採用活動に興味があります!と言っていたら入社4ヶ月後には2016年度の内定者との面談が実現してうれしかったです。

仕事をするうえで大切にしていること

「相手の立場に立つ」ということです。
当たり前のことではありますが、仕事は自分の中だけで完結することはほとんど無く、誰かと共に誰かのために行うものだと思います。
一緒に働いている仲間やお客様に対して、相手の立場に立って考え行動することで、関わる全てのひとの「ありがとう」をもらえるような仕事がしたいです。

レンターズで働く魅力

一番の魅力は職種、立場の関係に関わらずコミュニケーションを取れる環境があり、自分自身の考えや行動の幅を広げられることだと感じます。
仕事をしていくなかで、「もっとこうしたほうがいいのでは?」ということは、声をあげれば聴いてもらえる環境があります。
そして実際にどう変えるか?を一緒に考えてくれる先輩方がいます。
また、他職種と関わる機会が多く、自身の役割だけでなく視野を広く持って仕事ができるようになってきた気がしています。

就活生(新たなメンバー)に向けて一言

就活に限らずですが、人生の分岐点での最終的な決断は自分しかできないので、自分の考えを信じて就職活動をして欲しいなと思います。
自分で選んで決めた会社なんだと自信をもてたら、その先も後悔なく働けるはずです。
そして選んだその会社がレンターズだととてもうれしいです!